HOME

An intermediate support organization to develop human resources for art management professionals of Performing Arts, and to enhance their working environment.



























お問い合わせ

業務のご依頼・ご相談などは「お問い合わせ」からご連絡ください。

豊岡市地域おこし協力隊(城崎国際アートセンター)募集(2016年4月4日) - 求人情報

【再募集】豊岡市地域おこし協力隊(城崎国際アートセンター)募集

城崎国際アートセンター(KIAC)で、パフォーミングアーツを活用した地域の活性化に取り組む方を募集!

国の特別天然記念物・コウノトリが自然放鳥されている兵庫県豊岡市では、現在、その豊かな地域資源を生かし、地域住民と一緒に魅力あるまちづくりに取り組む「豊岡市地域おこし協力隊」を募集しています。その中で、城崎国際アートセンター(KIAC)では、パフォーミングアーツを活用した地域の活性化に取り組む方を募集中です。毎年さまざまな国内外のパフォーミングアーツのアーティストがKIACに滞在し、作品を創作。ここから世界ツアーに旅立つ作品も多数生まれてきました。今回の募集にあたって、KIACプログラム・ディレクターの吉田雄一郎さんにお話を伺いました。

©Madoka Nishiyama


  • インタビューにお答えいただいた方

    • 城崎国際アートセンター
    • プログラム・ディレクター
    • 吉田雄一郎さん
  • 吉田さんと豊岡の案内人ペッパーくん
    (KIACのエントランスホールにて)

    Q1城崎国際アートセンター(KIAC)はどういう活動をされているのでしょうか?

    A1KIACは、舞台芸術に特化した滞在型の創造活動、いわゆるアーティスト・イン・レジデンスの拠点です。美術系のアーティスト・イン・レジデンスの施設は比較的あると思いますが、舞台芸術に特化しているというのは全国的にも、かなりめずらしいと思います。ここでは年間を通して創作活動が行われています。
     施設としてはホール、6つのスタジオ、そして最大22名までがレジデンスできる宿泊施設で構成されています。毎年春に国内外に公募をかけてアーティストを選考し、選ばれたアーティストには実際に城崎に滞在し創作を行ってもらいます。普通の劇場や稽古場施設は22時位までで閉館してしまうところが多いと思いますが、ここに滞在しているアーティストは施設を無料で24時間使用することができるので、創作に集中することができます。また、滞在アーティストには創作の過程を地域の方々に公開してもらうことを条件にしていまして、ショーイングやトークなどを「地域交流プログラム」として行ってもらい、ここでの創作活動が地域の人達にも開かれるようなしくみになっています。
      たとえば2015年度ここで滞在創作した一例ですと、KIACの芸術監督でもある平田オリザさんの青年団と、韓国の演出家ソン・ギウンさん率いる第12言語演劇スタジオと合同での『新・冒険王』、岡田利規さんの『God Bless Baseball』、ダンサーの白井剛さん×ピアニストの中川賢一さん×映像クリエイターの堀井哲史さん(ライゾマティクス)の3名のコラボレーションなどがあります。また、国内と海外のアーティストが実は半々くらいで、海外ですとカナダ・ケベックを代表する振付家のダニエル・レヴェイエさん、それから京都の山下残さんとルーマニアの振付家のコスミン・マノレスクさんによるコラボレーション作品の創作などがここで行われました。
     KIACのアーティスト・イン・レジデンスの特徴として、必ずしも完成を求めないということがあります。滞在中に、作品の完成まで行くアーティストもいれば、滞在中にリサーチをし、アイデアを練ることに時間を使う方もいます。城崎での滞在をどのように使うかはアーティストにお任せをしています。


    白井剛×中川賢一×堀井哲史:東京文化会館『ON-MYAKU2016―see/do/be tone―』公開リハーサル
    ©igaki photo studio


Q2KIACはどのように運営されているのでしょうか?
また城崎の街の魅力はどういうところでしょうか。

  • A2KIACは2015年度から市が直接運営を行っています。普通であれば、市との間に文化財団や振興財団などが入って、そこが運営を請け負う場合が多いと思うのですが、KIACのように市の直轄というのは珍しいのではないでしょうか。実は城崎のある豊岡市には大学がありません。なので、豊岡市で高校を卒業しても進学先がないので、若年層が都市部に流れて行ってしまい、若い人たちが減っています。そうすると地域の活力も失われていってしまいます。そこで、アートに力を入れることで地域の魅力に繋がっていくのではないかということで、豊岡市は芸術文化の振興にすごく力を入れているんです。
     城崎の魅力といえば、やはり温泉ですね!城崎町のなかに7つの外湯があるんですが、KIACにレジデンスしているアーティストは一時的に町民と同じ価格の100円で温泉に入ることができます。舞台芸術のように、身体を使うアーティストにとっては、毎日温泉に入ってリラックスできるというのはとても大きなメリットになります。また、ここで働くスタッフも、仕事帰りに温泉に入れることはリフレッシュになると思います。また豊岡市には神鍋高原にスキー場があったり、海水浴ができるビーチがあったり、とにかく自然に恵まれていますね。

  • 大谿川を挟んで木造の旅館が並ぶ城崎のまちなみ 提供:豊岡市
  • Q3「豊岡市地域おこし協力隊」とはどういうものなのでしょうか。城崎出身でも兵庫県出身でもない方でも大丈夫ですか?

    A3もともと「地域おこし協力隊」というのは総務省が実施している制度で、人口減少や高齢化などが進んでいる地域に、その地域以外の人を受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、定住・定着してもらうことで地域の活性化につなげていこうというものです。豊岡市は2014年度から開始して、現在7名の地域おこし協力隊の方々が活躍しています。そもそも地域外の方を受け入れる制度なので、協力隊の方々は県外の方がほとんどです。今活動している方では、東京や千葉などの首都圏出身の方が多く、また以前は先生をやっていた方などもいるようです。逆に今住んでいるところが地方だと、今回の応募は難しい場合もあるようなんです。あくまでも地域を活性化するための制度なので、自分が住んでいるところが要件を満たしているかどうかはウェブサイトで確認してみてください。
     協力隊の方々は、協力隊の方同士の横のつながりがあります。この市内外の横の繋がりと、KIACを媒介にした舞台芸術関係のネットワークを繋げて行くことで、新しい関係性を作り出して行くことが出来るんじゃないかと思います。
     また、報償は月額166,000円なので少なく感じるかもしれませんが、実は家賃、車、パソコンは市が借り上げたものを貸与されるんです。家賃がかからないということを考えると、それなりにやっていける額だと思います。また、最初に家を探すのは大変だと思いますが、市が探してくれるので、バックパッカー的に身体ひとつで来ても、とりあえず新生活が始められると思います(笑)

  • 『ダンサーを探せ!!in城崎温泉』城崎のまち中で踊るダンサー
    ©igaki photo studio


    岡田利規『God Bless Baseball』滞在制作 試演会の様子
    ©igaki photo studio
  • Q4KIACでの仕事は英語力が必要とされていますが、どの程度必要でしょうか?

    A4海外からのアーティストも多いので、メールや日常会話で差し支えないレベルを希望します。ただ、他の応募者との相対的な判断になりますので、もし本人的に英語に自信がなくても、他の特技やスキルなども伺った上で、こちらで検討させていただきます。もし英語に自信が無くても他のスキルでアピールできるものがあるということでしたら、まずは応募してみていただければと思います。
     とはいえ、現在働いているスタッフ全員が英語ができるというわけではありません。だからこそ、新しく入ってくる方には英語力を期待しています。城崎には外国人観光客も多く、KIACの中でも外でも英語が使える場面は多々ありますので、語学のできる方には使いどころの多い環境だと思います。



  • レジーヌ・ショピノ『PACIFIKMELTINGPOT』
    滞在研究/制作 成果発表上演&トークの様子
    ©igaki photo studio

    Q5では、パフォーミングアーツのコーディネーターとしての経験はどのくらい必要でしょうか?

    A5 こちらは英語力ほどは問いません。もちろん経験があるにこしたことはないですが、これからパフォーミングアーツの企画に携わっていきたいという情熱がある方であれば、現在のところは未経験でも構いません。ただやはり仕事として関わっていきますので、パフォーミングアーツや他のアートの分野に興味や関心があって、これから関わっていきたいという意思や情熱を持っているということは重要だと思います。



  • Q6現在、KIACの事務局はどういった雰囲気ですか?

    A6常駐スタッフは7人います。館長のもと、総務担当の豊岡市の職員2名、プログラム・ディレクター1名、アート・コーディネーター(制作)1名、豊岡を拠点に活動するNPO法人プラッツからテクニカルスタッフとして2名の計7名です。イベントの時は市の職員の方などが手伝いにきてくれたりもします。7名いるスタッフは、任期付きのスタッフもいれば、業務委託もおり、市から出向している人もおり、業務形態がバラバラなんです。でもチームの一体感があり、事務局の雰囲気としても楽しい職場です。ちなみに、館長は豊岡の出身でその後東京で働いていたのでUターン、私は豊岡の隣町の出身なのでJターン、コーディネーターは大阪出身なのでIターンですね。
     最初に創作環境として24時間施設が使えると言いましたが、基本的には夜間の使用はアーティスト自身に管理を任せていますので、スタッフが泊りこみになったりすることはありません。スタッフの勤務時間帯は8:30-17:15です。普通の劇場だったら考えられない時間帯ですよね(笑)イベントが立て込んでいる時は少し遅めに来たり、夜まで仕事があることもあります。ちなみに温泉は朝7時からやってますので、温泉に入ってから出勤することも可能ですよ。
     それから、城崎町は人口が4,000人しかいません。チラシを配りに街に行ったりすることもありますが、地域の方々の顔が見えるんですよね。KIACで「地域交流プログラム」を企画すると、頭のなかでは何となく来てくれる層が分かるんです。あの人とあの人あたりが来るな、みたいな感じで。昨年、舞踊評論家の乗越たかおさんにトークをしていただいたんですが、60人くらい集まったんですよ。4,000人の人口で60人ってすごいですよね(笑)



  • オフィスの雰囲気




    Q7これから協力隊としてKIACに来る方はどういう方がいいと思いますか?

    A7英語力やコーディネーターとしての能力もあるにこしたことはありませんが、やはり、情熱や責任感、地域の方と積極的に交流していくコミュニケーションスキルを期待したいですね。そういうものがベースにあったうえで、型にはまらない考え方をできる方、KIACに新しい風を吹かせてくれるような方が来てくださると嬉しいです。例えばデザインの能力などがあれば、そういった個人のスキルを、この舞台芸術のアートセンターで活かしていくことも可能です。
     ただ、やはり多くの文化芸術のイベントは大阪や京都などの都市部で行われますので、豊岡ではどうしてもそういったものを身近で見ることの出来る機会が限られています。兵庫県内でも、瀬戸内海側と日本海側での文化格差があります。そういった格差を解消するためにも、KIACは頑張っていきたいと思っています。また、先程お話しました通り、これまでは毎年春に公募で滞在アーティストを募っていたのですが、来年度からは主催事業として自分たちで企画を立てていこうという計画もあります。こういった主催事業にももちろん関わっていってほしいですね。
     この「豊岡市地域おこし協力隊」での採用は城崎国際アートセンターとしても初めての試みです。3年の委嘱期間が終わった後にどういった形で定住に結びついていくのかは手探りです。また、応募する方も3年後どうなるかなんてわからないですよね。それでもいいと思っています。こればっかりは一緒にお仕事してみないと分からないと思いますので、まずは可能性を探ってみてほしいと思います。自分自身の能力を積極的に試してみたいという方とぜひ一緒に働けたらと思っています。

    KIACの外観 ©Madoka Nishiyama


募集要項

職種
地域おこし協力隊員
応募資格
次の(1)~(8)の全てを満たす方。
(1) 平成28年4月1日現在で、年齢が20歳以上45歳未満の方(性別不問)
(2) 次に掲げる要件のいずれかを満たし、豊岡市地域おこし協力隊として委嘱後、生活の拠点を本市に移し、本市の住民基本台帳に記録することができる方
  ア 現在、3大都市圏をはじめとする都市地域等に居住されている方
  イ 本市以外において、地域おこし協力隊員として同一地域での活動経験が2年以上あり、かつ平成28年4月1日現在で委嘱期間終了後1年以内の方
(3) 普通自動車運転免許証を取得している方
(4) パソコン操作(必要書類の作成、SNSによる情報発信等)のできる方
(5) 心身ともに健康で、住民と協力しながら、意欲と情熱を持って活動に取り組み、地域行事等にも積極的に参加できる方
(6) 地域おこし協力隊としての活動期間終了後も、豊岡市に定住し、起業・就業しようとする意欲を持つ方
(7) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団その他反社会的団体またはそれらの構成員に該当しない方
(8) 外国語(英語)の語学力がある方
 
※地域要件の詳細は、総務省「地域おこし協力隊」ウェブページ「特別交付税措置に係る地域要件確認表」を確認してください。
活動内容
パフォーミングアーツを活用した地域の活性化
・城崎国際アートセンターの滞在アーティストと地域との交流プログラムのコーディネート
・城崎国際アートセンターの活動や取組みの情報発信
・サポートボランティア組織の立ち上げと運営 など
身分
「豊岡市地域おこし協力隊設置要綱」に基づき、市長が委嘱します。
(雇用契約は結びません)

委嘱期間:委嘱日から平成29年3月31日まで
※活動状況・実績等を勘案し、最長3年まで延長します。
採用人数
1名
活動地
豊岡市城崎町(城崎国際アートセンター)
活動時間・休日
(1)  活動時間は、原則として1日当たり7時間です。
   〔標準活動時間:午前9時~午後5時(休憩正午~午後1時)〕
(2)  活動日数は、原則として1月当たり20日間です。
待遇および福利厚生等
(1) 報償は、月額166,000円です。
 ア 1カ月間の活動実績に応じて、翌月に支給します。 (1カ月間の活動日数が20日に満たない場合は、1日当たり8,300円の日割り計算で支給)
 イ 雇用保険には加入しません。また、健康保険料および年金保険料は、各自で負担してください。(隊員の傷害保険には加入し、保険料は市が負担)。

(2) 住居は、市が借り上げた物件を貸与します。光熱水費等は隊員の負担となります。
(3) 活動に使用する車両については、私用車の借り上げとなります。
(4) 活動に必要となるパソコン等事務機器については、市が貸与または借り上げとなります。
(5) 転入等に係る費用は、隊員の負担となります。
(6) 活動に関連して出張等を行った場合は、予算の範囲内で旅費を支給します。
(7) 活動に必要な燃料、消耗品等については、予算の範囲内で対応します。
応募書類
ア 平成28年度豊岡市地域おこし協力隊応募用紙
イ 住民票の抄本
提出期限
随時募集とし、募集人数に達し次第、募集を終了いたします。
選考プロセス
下記提出先まで、応募書類を郵送またはご持参ください。
 ↓
一次選考(書類選考)
書類選考の上、選考結果を応募者全員に文書で通知します。
 ↓
第二次選考(面接)
一次選考合格者を対象に面接(会場:兵庫県豊岡市)を行います。
詳細(日時、場所等)は、一次選考結果を通知する際にお知らせします。
なお、二次選考に要する交通費等は個人負担とします。
 ↓
合否の発表
二次選考終了後、二次選考受験者全員に文書で通知します。
※選考の経過および結果の問合せには応じられませんので、あらかじめご了承ください。
 ↓
採用
提出先
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2-4
豊岡市役所 大交流課

お問い合わせ先

豊岡市役所 環境経済部 大交流課

〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町 2-4

TEL:0796-21-9016 FAX:0796-22-3872
E-mail:promotion(a)city.toyooka.lg.jp ※(a)を@に変えて送信してください

城崎国際アートセンター ウェブサイト