HOME

An intermediate support organization to develop human resources for art management professionals of Performing Arts, and to enhance their working environment.



























お問い合わせ

業務のご依頼・ご相談などは「お問い合わせ」からご連絡ください。

堺市民芸術文化ホール 職員募集(2016年6月14日) - 求人情報

堺市民芸術文化ホール(平成30年秋オープン予定) 職員募集

大阪府堺市に新しく誕生するホールをこれから一緒に立ち上げる職員を募集します!

芸術文化による感動・喜びを通じた都市魅力の創造・発信を基本理念として2年後に「堺市民芸術文化ホール」が開館する予定です。
開館にむけて、来年度から始まるプレ事業の企画・運営をはじめ、オープンに向けたさまざまな企画立案、広報、ホールの維持管理に関する準備、オープンに向けた応援団の立ち上げなどに携わる職員を募集します。新しいホールの立ち上げに関わることのできるめったにない機会です。 今回の募集にあたって、公益財団法人堺市文化振興財団の田村啓一郎さん、北浦文明さん、高橋悦子さんにお話を伺いました。



  • インタビューにお答えいただいた方

    • 公益財団法人堺市文化振興財団
      常務理事 兼 事務局長
      田村啓一郎さん
    • 公益財団法人堺市文化振興財団
      総務課長
      北浦文明さん
    • 公益財団法人堺市文化振興財団
      事業課長
      高橋悦子さん



  • 左から北浦課長、田村事務局長、高橋課長

Q1今から2年後の平成30年秋に堺市民芸術文化ホールが開館する予定ということですが、こちらはどのようなホールになるのでしょうか?

  • A1昭和40年に開館した旧市民会館が老朽化したため、現地での建て替えを行い、指定管理者である当財団は「市民の宝」、「堺のシンボル」となる、まちの賑わいに寄与するホール創りをめざしています。
    新しく誕生するこの施設は、堺市が進める文化施策の中枢機能を担う施設として、すぐれた舞台芸術や多彩な公演といった芸術文化を市内外に発信することが大きな役割です。市が策定した運営管理方針案においても、「芸術文化による感動・喜びを通じた都市魅力の創造・発信」が基本理念となっています。その基本理念を実現していくため、鑑賞事業、創造・発表事業、普及・育成事業の3つの自主事業と貸館事業に積極的に取り組む予定です。
    大ホールは、音楽系を中心に、オーケストラ、オペラ、バレエ、ミュージカル、ポップスなど優れた舞台芸術を市民の皆様に身近に鑑賞していただく機会を広く提供するためのホールとして2000席を予定しています。
    また、他にも音楽を主体としつつ、演劇など市民の多様な文化芸術の発表や集会などにも対応可能な多目的ホールとして312席の小ホール、ほかにも大ホール主舞台の広さを確保できる大スタジオや、大きさの異なる3部屋の小スタジオ、ミニコンサートや作品展示も行うことができるガレリアなど、多様な施設となっています。


  • 3層バルコニー構造の大ホール



    312席の小ホール

Q2運営管理体制はどのように行うのでしょうか?

  • A2指定管理者である公益財団法人堺市文化振興財団は、平成6年度に堺市の文化創造の推進母体として設立され、旧市民会館や地域文化施設の指定管理の実績があり、これまで市と一体となって市の文化振興施策を推進してきました。
    今回の新たなホール運営には、平成30年度の開館までに、運営の中核となる事業の企画をはじめ、技術スタッフなど実践的な知識・技術を有する専門人材を計画的に採用し、そのノウハウを蓄積することにより、長期的で継続的な運営管理が可能な組織体制を整える予定です。
    指定管理期間が始まる今年の10月には、芸術文化ホールの準備のための部署を新設し、平成30年度の開館時には、約30名の職員で運営する予定です。今回募集する職員は、この新設の部署での採用となります。

  • 現在の事務所の様子(明るく、すっきりとした事務所でした!)

  • Q3堺市民芸術文化ホールではどのような事業を行っていく予定ですか?
    また、自主事業の割合はどのくらいですか?

    A3地域の中枢文化施設として、長期の企画・準備期間を要する優れた舞台芸術や多彩な公演を催す予定となっており、自主事業には3つの柱があります。
    一つ目の柱として、「鑑賞事業」。オーケストラ、オペラ、バレエなど優れた舞台芸術公演や、能楽、人形浄瑠璃文楽、歌舞伎などの伝統芸能等の鑑賞機会を提供します。
    次に、「創造・発表事業」。市民文化芸術団体と連携する公演、市民の発表の場となる事業や市民参加による作品創造事業などの企画を実施します。
    最後に、「普及・育成事業」。ワンコインコンサートやファミリーコンサート、将来の文化芸術の担い手となる子どもたちが参加できる公演などの展開を予定しております。
    具体的な内容については、開館前に行うプレ事業やオープニング事業の実践を踏まえて、開館後の事業を企画立案する予定です。また、自主事業における大ホールの年間利用割合は約40日を想定しています。




  • Q4開館まであと2年ありますが、今回募集する職員の方は採用された後、具体的にどのような業務をするのでしょうか?

    A4旧市民会館が閉館したことで、市民の皆様が鑑賞や発表などの文化活動を行える場が減少しています。 そのような文化活動の継続や新施設が開館した後での新たな活動につなげるとともに、堺市民芸術文化ホールの施設や事業の内容を広く周知し、市民の皆様の期待感を高めていただくことを目的としてプレ事業を実施します。
    平成29年度からプレ事業を行う予定となっているため、今年度中に来年度の計画を策定する必要があります。そこで、今回募集する職員の皆さんには、次年度及びオープンに向けた企画や広報、また、ホールの維持管理に関する準備、そして、オープンに向けて応援団を組織していきたいと考えておりますので、その「友の会」的な会員組織の立ち上げ及びその拡大を担っていただくこともお願いしたいと考えています。

  • 創造・交流ガレリア

    Q5必要とされるスキルや経験などはありますか?

    A5スキルや経験というよりも、高い志を持って、利用者やお客様の視点で新しい施設を一緒に創りあげていける方を求めています。また、ゼロから立ち上げていくことになりますので、新たなことに積極的に取り組んでいく意欲がある方、また、いろいろな方と協働していく必要がありますので、そういったことが苦にならない、コミュニケーションスキルを有する方を求めています。 立ち上げということで大変な仕事だとは思いますが、新たなホール開館という未来に向けた前向きでやりがいのある仕事だと思います。
    また、10月からの勤務開始としていますが、現在すでにその時期に他のお仕事が入っている方もいらっしゃると思います。その場合の勤務開始時期に関しては相談させていただきたいと思っていますので、10月からが難しくても興味がある方には、ぜひ応募いただければと思います。
    これから一緒に頑張っていただける仲間として、皆さんの積極的な応募をお待ちしております。



募集要項

職種
契約常勤職員
応募資格
変則勤務が可能な人(国籍は問いません)

※次のいずれかに該当する人は応募できません。
(1) 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
職務内容
平成30年度開館予定の堺市民芸術文化ホール(以下、ホールという。)における文化事業の企画立案、推進及び施設管理等に関する業務(開館前の準備業務含む)
採用予定日
平成28年10月1日(応相談)
採用人数
若干名
勤務地(予定)
[ホール開館前]
公益財団法人堺市文化振興財団(堺市堺区熊野町東4丁4-20)

[ホール開館後(※開館直前の期間含む)]
 堺市民芸術文化ホール内(堺市堺区翁橋町2丁地内)
勤務時間・休日
雇用期間:平成28年10月1日から平成29年3月31日まで(6ヶ月間)
以後、1年毎に更新する場合があります。ただし、平成33年3月31日まで。

勤務形態:[ホール開館前]
午前9時から午後5時30分の7時間45分(休憩時間45分)
休日等: 土・日曜日、祝日、年末年始

[ホール開館後]
午前8時45分から午後10時までのうち7時間45分(休憩時間45分)、
週5日勤務(土・日曜日、祝日を含むシフト制)
※場合により、時間外勤務、休日等(非勤務日)の出勤があります。

休暇:有給休暇・特別休暇(当財団規程によります。)
待遇
および
福利厚生等
報酬月額:当財団規程によります。
大学卒程度173,000円、短大卒程度160,500円、高校卒程度147,600円
※採用前の経験等により加算する場合があります。
【例:採用前の全期間に職務経験のある30歳の方であれば、21万円程度】
※人事給与制度等の改正により変わることがあります。

諸手当:通勤手当・時間外勤務手当・休日勤務手当・期末勤勉手当(当財団規程によります。)

福利厚生:厚生年金保険・全国健康保険協会健康保険・雇用保険の加入、労災保険の適用。公益財団法人堺市中小企業勤労者サービスセンターの会員に加入。
応募方法
(1)応募方法 ※所定の様式はホームページよりダウンロードしてください
応募方法は郵送、持参を問いません。封筒の表に、赤字で「職員応募」と明記してください。
郵送の場合は、必ず簡易書留でお送りください。※受付期間にご注意ください。

(2)応募書類
1. 「履歴書」(所定様式)
2. 「自己PR」(800字~1200字以内、所定様式)
3. 「職務経歴書」(様式自由)、「過去の職務・経歴・資格等に係わる資料」(任意添付)
4. 返信用封筒
長3封筒に切手82円を貼り付け、住所・氏名・郵便番号を明記してください。
提出期限
平成28年7月12日(火)必着
選考プロセス
(1)一次選考:書類審査
「履歴書」、「自己PR」、「職務経歴書」、「過去の職務・経歴・資格等に係わる資料」(任意添付)、等による書類審査を行います。
選考結果は、合否にかかわらず、平成28年7月20日(予定)に、本人あて文書で通知します。

(2)二次選考:個別面接 平成28年8月6日(土)予定
選考結果は、合否にかかわらず、平成28年8月6日中に電話で結果通知を行い、平成28年8月10日(予定)に、本人あて文書で通知します。

(3)最終選考:集団行動による適性審査 平成28年8月7日(日)(当日宿泊)予定
選考結果は、合否にかかわらず、平成28年8月12日(予定)に、本人あて文書で通知します。
 【内容について】
堺市近郊の施設にて、受験者同士の共同作業を通じて、適性の審査を行います。当日は施設に宿泊していただきます。現地までの移動に要する費用は自己負担となりますが、宿泊費等現地で必要な経費は、当財団が負担します。

※なお、選考結果については、電話等による問い合わせには一切応じられません。
問い合わせ
及び
応募先
〒590-0946 堺市堺区熊野町東4-4-20 林ビル5階
公益財団法人堺市文化振興財団 総務課採用担当
※土・日・祝日を除く午前9時~午後5時30分
電話 072(228)0114 FAX 072(228)0115
その他
・応募資格及び記載事項等に虚偽があった場合は、合格を取り消します。
・応募書類は一切返却しません。
・応募の際に取得した個人情報は、公益財団法人堺市文化振興財団個人情報保護規程に基づき、適正に管理し、採用選考及び採用に関する事務以外の目的への利用は行いません。ただし、採用者の個人情報は人事情報として使用します。

お問い合わせ先

公益財団法人堺市文化振興財団 総務課採用担当

〒590-0946堺市堺区熊野町4丁4番20号 林ビル5階

TEL)072-228-0114 FAX)072-228-0115 ※土・日・祝日を除く午前9時~午後5時30分

ウェブサイト(公益財団法人 堺市文化振興財団 | あっとさかい)