HOME

An intermediate support organization to develop human resources for art management professionals of Performing Arts, and to enhance their working environment.



























メールマガジン登録

お問い合わせ

業務のご依頼・ご相談などは「お問い合わせ」からご連絡ください。

舞台芸術に関わるマネジメント専門人材の労働環境実態調査2019 (2019年10月8日) - イベント



舞台芸術に関わるマネジメント専門人材の労働環境実態調査2019
最終締切:12月22日(日)

舞台芸術のマネジメントに関わる専門人材の方を対象に、全国規模で行う雇用・労働環境のアンケート調査の第2弾。現実を「見える化」するため、ぜひご協力ください!

舞台芸術業界でのマネジメント業務に関わるみなさま、過去に関わっていたがすでに退職されたみなさまへ
(劇場・音楽堂、実演団体、非営利団体、中間支援組織、フリーランス、雇用する側もされる側も、すべての働き方を含みます。)



≫ よくあるご質問はこちら

2016年度、Explatは全国の舞台芸術のアートマネジメント専門人材を対象に、労働環境の実態調査(勤務形態、処遇や不安・不満などについて)を実施し、全国6か所[福岡、京都、東京、愛知、仙台、札幌]でシンポジウムを行いました。
3年ごとの定点調査として、その第2弾「舞台芸術に関わるマネジメント専門人材の労働環境実態調査2019」「舞台芸術のアートマネジメント専門人材の人材育成と労働環境を考えるシンポジウム ~統計・調査から分かる労働環境とこれから必要な人材育成2019~」を実施いたします。

この調査は、劇場・音楽堂、実演団体、非営利団体、中間支援組織、フリーランス等、多様な形態で働く舞台芸術業界のマネジメント専門人材の労働環境の実態と課題を可視化することを目的として行われます。 「公立劇場の職員」など所属団体を限っての調査はこれまでにも行われてきましたが、すべての働き方を対象にした調査は、2016年にExplatが初めて実施し、今回はその3年後の定点調査となります。

現在、この舞台芸術業界でマネジメント専門人材として働いている人たちは一体何人いるのでしょうか。
その平均年齢は? 年収は? 男女比は?
具体的、客観的な数値のないままに人材育成や労働環境のあり方を議論をしても、効果的な改善は望めません。 現状を「見える化」し、一体何が問題なのかを明らかにしてくことが今いちばん必要なことであるとExplatは考えます。

また今回の調査では、過去に舞台芸術業界で働いていたが、現在は他業界に転職した/現在は仕事をしていない方も調査対象に含みます。
この調査結果をもとに今秋、東京・京都でのシンポジウムを開催します。労働環境、3年前の調査結果からの変化を含め、より具体的で発展的な人材育成プログラムのあり方や労働環境の整備のためのより良い制度や運用の改善を業界全体で考えていくために、これから目指すべき舞台芸術業界の働き方について考え議論をいたします。  

アンケート詳細

【回答期間(一次締切)
2019年10月8日(火)〜11月15日(金)【最終締切 12月22日(日)】 
【対象】
・舞台芸術のマネジメントに係る業務を現在行っている方
・過去に舞台芸術のマネジメントに係る業務を行っていたが、他業界に転職された方、退職された方
※組織・個人等所属や働き方を問わず(劇場・音楽堂、実演団体、非営利団体、中間支援組織、フリーランス、雇用する側もされる側も、すべての働き方を含みます。)





※各回答結果は統計的処理を行ったうえで公表させていただきますので、個人の回答結果が推測される可能性はございません。
※本調査は、「一般社団法人芸術と創造」に委託して行っております。回答データは芸術と創造のみが分析の際に取り扱い、その他の団体・個人(Explat等)が把握することができません。
※ご自身がアンケート対象者に含まれるかどうか迷われる場合も、回答内容によって自動的に分岐しますので、ぜひお答えください。
※分析結果は、以下シンポジウムにて発表させていただきますが、本調査の最後の設問に電子メールアドレスをご記入頂いた方には、芸術と創造より当日の発表資料の電子データをお送りさせていただきます(発表資料は後日、Explatのホームページでも公開させていただきます)。
※当アンケートの回答に要する時間は10~15分程度です。

よくあるご質問

Q.このアンケートは、法人・組織のみを対象としていますか?
本調査は、舞台芸術のマネジメントに係る業務を現在行っている、または過去に行っていた《個人》のみなさまを対象としています。ご在籍の各個人、おひとりおひとりの現在の労働環境や、業務に関するお考えをご回答ください。
【調査対象(詳細)】
・舞台芸術のマネジメントに係る業務を現在行っている方
・過去に舞台芸術のマネジメントに係る業務を行っていたが、他業界に転職された方、退職された方
※組織・個人等所属や働き方を問わず(劇場・音楽堂、実演団体、非営利団体、中間支援組織、フリーランス、雇用する側もされる側も、すべての働き方を含みます。)


Q.自分の業務内容・職種・所属・役職・雇用形態 等が「舞台芸術に関わるマネジメント専門人材」に該当するかわかりません。
舞台芸術のマネジメント専門人材とは、舞台芸術の企画・制作や、劇場の運営、広報、票券業務等を行っている方々を指しています。ご自身の業務が「舞台芸術のマネジメント」業務なのかご不明な場合も、質問項目の中で分岐していく設計となっておりますので、ぜひご回答ください。
たとえば…
施設利用(貸館)に関する業務/公演事業の企画・実施に関する業務/教育普及事業の企画・実施に関する業務/広報・宣伝に関する業務/補助金・助成金の申請・管理に関する業務/寄付金・協賛金の獲得・管理に関する業務/総務・経理・人事に関する業務/組織運営・管理/会員組織の管理に関する業務/チケットの販売・管理に関する業務/受付・案内に関する業務/補助金・助成金の交付・管理に関する業務(助成団体等)
…などを行う方々です。


Q.自社宛にアンケート回答の依頼状を受取りました。回答の義務はあるのでしょうか?
ご回答につきましては任意であり、決して強制するものではございません。しかしながら、是非、多くの方にご協力いただけますと幸いです。
調査対象となる方が在籍していない場合は、お手数ですが依頼状の破棄をお願いいたします。

Q.設問には個人に関する質問が多くありますが、この回答はどのような形で公表されるのでしょうか?
各回答結果は統計的処理を行ったうえで公表させていただきます。回答結果によって、個人、組織が推測される可能性はございません。また、本調査は「一般社団法人芸術と創造」に委託して行っております。回答データは芸術と創造のみが分析の際に取り扱い、Explatを含めその他の団体・個人が把握することができません。
2016年度の調査報告は下記をご参照ください(PDF)。
www.explat.org/research/Explat_research_2016.pdf


リサーチ
主催:特定非営利活動法人Explat
調査実施:一般社団法人芸術と創造



シンポジウム

※シンポジウムの詳細は決まり次第お知らせいたします。


文化庁委託事業「2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
舞台芸術のアートマネジメント専門人材の人材育成と労働環境を考えるシンポジウム
〜統計・調査から分かる労働環境とこれから必要な人材育成2019〜


主催:文化庁、NPO法人Explat

【東京会場】
11月21日(木)18:30~21:00
11月22日(金)18:30~21:00
会場:あうるすぽっと会議室B(東京都豊島区東池袋4-5-2)
主催:文化庁、NPO法人Explat
共催:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

【京都会場】
11月30日(土)15:15~17:00
会場:Studio Seedbox(〒601-8011 京都府京都市南区東九条南山王町6-3)
主催:文化庁、NPO法人Explat
共催:NPO法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)


「舞台芸術に関わるマネジメント専門人材の労働環境実態調査2019」に関して
ご質問等がございましたら、下記からご連絡ください。


お問い合わせはこちらから